【歯を徹底的に残すことにこだわる】新中野(新中野駅)の歯医者・歯科ならエス歯科クリニックへ

〒164-0011 東京都中野区中央5-39-14-1F

丸の内線新中野駅より徒歩5分/JR中野駅より徒歩8分

 
午前 × ×
午後 × ×

午前9:30~13:30 午後15:00~19:00
休診日:木曜・日曜​・祝日

むし歯の治療例

症例1 詰め物が外れてしまった
 

治療前
治療後

40代 男性の方です。
銀歯の詰め物が外れてしまったので何とかして欲しいとの主訴で来院されました。

内部は幸いにもむし歯は大きくなく、咬み合わせも問題なし。ただご自身の歯と銀歯の間に隙間(銀歯の性質上起こった劣化)がありました。

患者さんとご相談した結果、経年変化の少ないセラミックで修復することとなりました。
削ってある部分の大きさは変えず修復が完了しています。

<治療のメリット>  
・プラーク(磨き残し、細菌の集まり)が付きにくく予防管理に優れている
・銀歯のような経年劣化をしにくい          
<治療のデメリット> 
・強い咬み合わせや歯ぎしりなどで割れたりすることがある
・使用するセラミックの種類により削る量が多少大きくなる場合がある
<治療費>       
¥25000~45000(税抜)

※この症例は自由診療ですが、保険治療も行っております。ご相談ください。
       

症例2 前歯の根元に穴が開いている

治療前
治療後

30代 男性の方です。
前歯の根元が黒く穴が開いているので何とかして欲しいとの主訴で来院されました。

内部に虫歯が広がっており、歯茎も腫れている状態でした。

患者さんとご相談した結果、見た目が良いだけでなく予防管理のしやすいセラミックで修復することとなりました。
歯茎の腫れも引き、健康的なお口を再現できたと思います。

<治療のメリット>  
・プラーク(磨き残し、細菌の集まり)が付きにくく予防管理に優れている
・金属を使用した冠に比べ審美性があり、経年劣化をしにくい
<治療のデメリット> 
・強い咬み合わせや歯ぎしりなどで割れたりすることがある
・使用するセラミックの種類により削る量が多少大きくなることがある
<治療費>       
¥90000(税抜 1本あたり)

※この症例は自由診療ですが、保険治療も行っております。ご相談ください。

症例3 食事の時に咬むと歯が痛い

治療前
治療中
治療中
治療後

20代 女性の方です。
食事をすると奥歯が痛むとの主訴で来院されました。

奥歯の溝あたりに虫歯があり、内部にもかなり大きく広がっていました。

患者さんとご相談した結果、できるだけ歯を削らず治したいとのことでコンポジットレジン(CR)で修復することとなりました。
最小限の侵襲で修復できたかと思います。

<治療のメリット>  
・歯を削る量を最小限にできる
・1回の治療で修復でき、接着性に優れている
<治療のデメリット> 
・穴が大きすぎると強度的に使用が困難
・もともと被せてあった歯には使えない
<治療費>       
健康保険の範囲内

 

症例4 歯茎の下まで進行してしまったむし歯

レントゲン
レントゲン(むし歯部分)
歯の状態(真上より)
歯の状態(横より)
レントゲン(部分矯正後)
最終段階時

20代 女性の方です。
被せものが外れたまま放置してたら歯が欠けたとの主訴で来院されました。

歯を見てみると、放置の間に歯の中態だった為、歯茎より下まで歯が無くなっており、レントゲン上では顎の骨縁より下までむし歯が進行してしまっていました。
このままでは例えむし歯を取り切ったとしても残っている歯の厚みが薄く歯が割れやすいこと、また歯茎に炎症が残ってしまう可能性が高いです。
通常ですと、抜歯をしてインプラントやブリッジで修復することが多いケースです。

患者さんとご相談した結果、何とか抜かずに処置をしたいとのご希望でしたのでMTM(部分矯正)を行って健全な歯の厚みを確保してから修復することとなりました。

部分矯正を行えた結果、抜歯を回避できただけでなく周囲の歯も削らずに修復可能な状態までもっていくことができました。

<治療のメリット>
・抜歯を回避したことで掃除の行き届きやすい形で被せられる
<治療のデメリット>
・矯正期間が1~3か月程度必要なため、すぐに被せることができない
<治療費>
 健康保険の範囲内(MTM費用は除く)

 

 

症例5 歯の内部で進行していた大きなむし歯

術前:根の分岐部に黒い大きな影が見える

術後:分岐部の影は縮小している

術前:歯の中に骨まで届きそうな大きな穴が開いてしまっている

術後

40代 男性の方です。
治療後から咬んだ時に違和感があり重い感覚がずっとあるとの主訴で来院されました。

レントゲンを撮影すると根の分岐部や先端に黒い影が認められ、骨にダメージがあることがわかりました。また、影の近くの歯はかなり薄くなってしまっているようです。

被せものをはずして中を見てみると、本来歯があるべきところに大きな穴が開いており、そのためかむし歯も進行してしまっている状態でした。
このままですとむし歯を取り除いたとしても内部の感染が止まらず抜歯になってしまう可能性が高くなります。

患者さんとご相談した結果、できる限り歯を保存するという方向で処置を進めていくこととなりました。

まずは内部のむし歯や感染部分を徹底的に取り除き、開いてしまった穴を埋めていきました。
その後、仮歯を用い慎重に咬み合わせを考慮しながら骨の回復を待ちました。
結果、改善が認められたので被せものをセットし終了しました。

抜歯を回避でき、しっかり咬めるようになったとおっしゃっていただけました。

<治療のメリット>
・抜歯を回避できる
・他の歯を削ったりせずに修復がおこなえる
<治療のデメリット>
・歯の強度が爆発的に戻ったわけではないので定期的な管理が必要
・状況によっては保存がうまくいかない場合もある

 

検診・歯石取り・歯のクリーニング・フッ素塗布も予約可能です

03-6454-1701

診療時間

 
午前 × ×
午後 × ×

午前 9:30~13:30
午後 15:00~19:00
木曜・日曜・祝日は休診

アクセス

03-6454-1701

〒164-0011
東京都中野区中央5-39-14-1F


JR中野駅より徒歩8分

丸の内線新中野駅より徒歩5分