【歯を徹底的に残すことにこだわる】新中野(新中野駅)の歯医者・歯科ならエス歯科クリニックへ

〒164-0011 東京都中野区中央5-39-14-1F

丸の内線新中野駅より徒歩5分/JR中野駅より徒歩8分

 
午前 × ×
午後 × ×

午前9:30~13:30 午後15:00~19:00
休診日:木曜・日曜​・祝日

入れ歯の治療

「入れ歯が合わず、違和感や痛みがあって困っている」
「うまく噛めないのでご飯も美味しく食べられない」

 

そういったお悩みをお持ちの患者さまも、いらっしゃるのではないでしょうか。
入れ歯は咬めないから、残った歯を痛めるからインプラントのほうが良い...そんな話も聞こえてきます。でも誤解しないでください。
きちんと設計された入れ歯は、歯に過度な負担をかけ過ぎずに作ることができます。

もちろん、お口の状態によっては入れ歯ではなくインプラントなどの方がより良いケースもあります。
私たちは「大事なのは何を入れるかではなく、どう入れるか」という考えを大切にし、入れ歯であっても永く使ってもらえるように、残っている歯が長持ちしてくれるように2つのポイントを重視して治療を行っています。

 

Point 1 残っている歯になるべく負担をかけない

残った歯に負担をかけづらい設計を

入れ歯、特に部分入れ歯には様々な設計があります。
歯が無いところを補う、その点においてはある程度似かよった設計になることもあります。


私たちはどんな形の金具をかけるのか金具をかける歯はどこにするのか金具の材質は何を使うのか...など入れ歯を作るときに色々なことを考慮し残っている歯になるべく負担が少なくなるよう入れ歯をデザインし作っていきます。

 

入れ歯の実際の治療例はこちらへ

残った歯に負担をかけづらい素材を

入れ歯には健康保険で作るものと、自由診療で作るものの2つがあります。
素材などによって変わってくるのですが、それぞれ歯に加わる負担はどう違うのでしょう?

まず保険で作る入れ歯、これは歯を失った部分を補い咬めるようにすることだけが目的で作られます。基本的には咬めるようにすることが目的ですので、歯に加わる負担まではどうしても減らすことができないことが多いです。
具体的には、使える材料や形が限定されてしまうため残った歯にかなりの力がかかることとなり、場合によっては数年後に歯自体がグラグラしてくるなどの症状が出てしまうことがあります。

次に自由診療で作る入れ歯、これは咬めるようにするのはもちろんですが、その際に歯にかかる負担を軽くするよう使える材料や形を自由に選択していくことが可能になります。
そのため残った歯に優しい入れ歯を作れるとも言い換えることができます。

どちらの入れ歯を作っていくか、それは患者さんと相談の上で最終決定していきますが、それぞれの違いや特色を知ってから選んでいたたく方がいいのではないかと思います。

 

Point 2 お口の状態や希望に合った入れ歯を提供

入れ歯といっても今は様々な種類のものが存在します。
プラスチック製金属製シリコン製金具のないもの...等々

私たちが入れ歯を作るときの基本理念「残った歯になるべく負担をかけない」、これはどんな材質で作るにしても変わりません。
しかし、それが患者さんの希望に沿っていないものであれば、入れ歯としての価値が半減してしまいます。

私たちは失った歯の替わりとなる入れ歯を少しでも快適にお使いいただけるよう、そしてご希望になるべく添えるよう様々な選択肢をご用意して治療を進めていきます。

入れ歯治療の流れ

現在使用中の入れ歯の調整

使用中の入れ歯がある場合は、調整します。

お口の中の検査

お口の中を検査します。

説明

お口がどんな状態なのかをご説明し、治療計画をご案内します。

治療

あごの形や頬の動きを確認し、入れ歯をつくるための「型取り」を行います。

歯科技工所での入れ歯作製

型取りしたデータをもとに、歯科技工所で入れ歯をつくります。

入れ歯の完成

完成した入れ歯をお渡しし、使い方やお手入れの方法をご案内します。

検診・歯石取り・歯のクリーニング・フッ素塗布も予約可能です

03-6454-1701

診療時間

 
午前 × ×
午後 × ×

午前 9:30~13:30
午後 15:00~19:00
木曜・日曜・祝日は休診

アクセス

03-6454-1701

〒164-0011
東京都中野区中央5-39-14-1F


JR中野駅より徒歩8分

丸の内線新中野駅より徒歩5分